Information(2019年度) 

全障研兵庫支部 講座予定
★全障研兵庫支部 真冬の特別講座:2月15日(土)★ 
 
秋の講座も,100名を越える参加者で,大成功で終わりました。その余韻も冷めやらぬなかですが,2月15日(土)に,特別講座を行います。
 
神戸大学の渡部昭男先生に,「障害のある青年期教育の過去・現在・未来」と題して,講演を行っていただきます。そして,コメンテーターとして,兵庫の障害のある青年の教育環境・教育実践を創ってこられた河南 勝先生・原田文孝先生をお迎えします。

ちなみに,渡部先生は,2020年3月に神戸大学をご退職されます。神戸でじっくりお話を聞けるのは,そうそうないかもしれません。この機会に,みなさまぜひ!
なお,今回は,全障研会員限定といたします。とはいえ,当日入会も可能ですので,この機会にぜひ!
 
タイトル:障害のある青年期教育の過去・現在・未来
講師:渡部昭男先生(神戸大学)
 
コメンテーター:河南 勝先生(いたみ杉の子発達支援連携室長)/原田文孝先生(NPO法人ささゆり会)

司会:金丸彰寿先生(神戸松陰女子大学)
 
時間:15時から17時(講演90分+質疑30分)

人数:40名(全障研会員限定/当日入会も可能です。年会費3000円)
 (他支部の会員の方もOKです)
 
主旨:渡部昭男先生が長年にわたって研究・実践・運動にかかわってこられた障害のある青年期教育の過去・現在・未来を縦横無尽に語っていただきます。また,質疑では,河南先生・原田先生にご参加いただき,理解を深めていきます。
 
参加費:500円(資料代)
 ※当日現金でいただきます
 
【お申し込み】
こくちーず経由で申し込みください。
もし,難しい場合は,E-mail:hhyozen@gmail.com にてお申込みください。
 
★当日参加も可能ですが,事前参加が定員(40名)を越えた場合,お断りすることがあります。
★しあわせの村での宿泊を希望する方は,いくつか部屋を確保しております。
希望される方は,申し込みとは別にhhyozen@gmail.com までご連絡ください。
★申込締め切り  2月14日(金)
 
【講師紹介】
渡部昭男(わたなべ あきお)さん
神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 教授。専門は教育行政学。障害児教育の権利拡張,子どもの貧困・格差問題をどう行政レベルで解決できるかを長年にわたり研究されてこられました。
また,鳥取大学で教鞭を勤められていたときに,附属養護学校・校長として,国立大学初の高等部専攻科の設立にかかわられました。
ご著書に,『障害青年の自分づくり:青年期教育と二重の移行支援』(日本標準),『能力・貧困から必要・幸福追求へ: 若者と社会の未来をひらく教育無償化』(日本標準)など多数。
 

https://www.kokuchpro.com/event/25001db3c01f7d03af64a15c4077aee0/

全障研の会員になりませんか?

現在、個人加入の会員は、全国で約4000名です。
それぞれが都道府県ごとの支部に所属し、地域や職場でサークルや読者会など
グループつくりながら研究運動をすすめています。

兵庫支部でも会員を随時募集しています。

会員には、全障研主催の各種研究集会の参加費割引などのほか、
月刊誌「はぁとブリッジ」・機関紙「全障研しんぶん」が送付されます。

その他、研究集会・講座など随時情報提供をしています。

全障研とはをご覧下さい。

 

年会費は3000円になります。

会員希望の方は、お問合わせのフォームにて、

①氏名 ②住所 ③電話番号 ④メールアドレス ⑤勤務先・所属

をお知らせ下さい。


「みんなのねがい」の購読についてのお問合わせも受け付けております。

その他、ご不明な点はご連絡下さい。

本ホームページは、全国障害者問題研究会(略称:全障研)の兵庫支部が運営しています。学習会や書籍、情勢などについて様々な情報を提供していきます。